tobacco

渋谷駅東口宮益坂にある屋外喫煙所【2019年最新地図付】

喫煙所SMOKING AREA

受動喫煙、環境美化の観点から都心部では屋外喫煙所が撤去され少なくなってきました。

喫煙者、愛煙家としては肩身が狭い思いです。

そんな中、渋谷の屋外喫煙所ってどこ?って方に(宮益坂限定ですが、、)情報提供です。

 

渋谷に勤務してる身で、私自身も利用者ですので間違いない最新情報ですが、渋谷区条例により撤去される可能性もありますのでご注意を。

①宮益坂交差点ビッグカメラ前の喫煙スペース

渋谷宮益坂屋外喫煙所

JRハチ公口からは、

交番から鉄橋をくぐって

お横断歩道を渡った先に喫煙スペースがあります。(ビッグカメラやマクドナルドの前です)


地図右下が喫煙スペースです。

10人ほど入ると窮屈になり、仕切りの外で喫煙する人が出てきます。

②ヒカリエ出て20m先の喫煙スペース

渋谷宮益坂屋外喫煙所

駅からヒカリエ方面の陸橋(屋根付)を真っすぐ歩きます

ビルを抜けて右手のルノアールを目印にまっすぐ歩くと、

右手に自動販売機に囲まれた喫煙スペースがあります。(緑色の地面)

 

渋谷区「きれいなまち渋谷をみんなでつくる条例」

喫煙禁止条例(渋谷区)

2019年4月1日より条例改正

2019年7月1日より違反者には過料が科せられるようになりました。

駅前にはビブスを羽織った啓発活動をするおじさんが増えましたね。

 

気になる規制ルールは、下記引用にて参照ください。

たばこルールQ&A

なぜ喫煙ルールを設置したのですか

既存の『渋谷区分煙ルール』は、喫煙者のモラル向上を呼びかけるルールでしたが、マナーを守らない行為が多数見られること、近年の受動喫煙に対する意識の高まり等を考慮し、公共の場所での喫煙を規制対象にして罰則規定を設けました。

喫煙してはいけない場所はどこですか

令和元年7月から屋外の公共の場所(区内の道路・公園・広場・その他公共の場所)が終日禁煙となります。 これらの場所での喫煙は過料の対象になります。(注)マンション内の公園や店舗敷地など、私有地内の屋外空間での喫煙は規制対象外になります。

喫煙できる場所はどこですか

区内の指定喫煙所や、大規模建築物内の公共喫煙施設をご利用ください。

受動喫煙を生じさせるとはどういうことですか

条例では受動喫煙を「他人の喫煙によりたばこから発生した煙を吸入すること」と定義しています。 店舗敷地などに灰皿を設置する場合は、煙が流れにくい場所に灰皿を移したりパーテーションを設けるなど受動喫煙に配慮した整備に努める必要があります。また、屋外の灰皿や喫煙所を利用する方には煙が路上に流れないよう配慮していただく努力義務があります。

違反した場合の罰則はどのようなものですか

公共の場所での喫煙は過料(2,000円)の対象となります。令和元年7月から指導員が区内全域を巡回し、取り締まりを行っています。

加熱式たばこ・電子たばこの取り扱いについて

渋谷区では製造たばこのうちタバコ葉を使用するものが規制対象になります。 加熱式たばこ(iQOS、glo、Ploomシリーズ等)はタバコ葉を加熱する製品であるため規制対象となります。タバコ葉を使用しない電子たばこについては規制対象外となります。

出典:
渋谷区喫煙ルールを定めました(渋谷区役所webサイト)更新日:令和元年8月1日