多汗症

【2019年最新】多汗症を抑えるおすすめの漢方薬と購入方法を解説

漢方薬

多汗症を抑える漢方薬を知りたい方、こんな悩みを持っていませんか?

「多汗症に悩んでいて改善をしたい」
「漢方薬がいいかなーと思っているけど、どの漢方薬が効くのか分からない」
「そもそも漢方薬ってどこに相談して購入したらいいの?」

 

本記事ではそんな悩みを解決すべく解説していきます。

 

・多汗症を抑える漢方薬はこれ

 

この記事を読むことで、多汗症を抑える漢方薬が分かります。

なので、今日から改善に向けた行動ができます。

 

さらに、、、

「多汗症を抑える漢方薬とセットでやるべきこと」

その方法を知りたい方は合わせて続きを読んでみてください。

 

 

実は、、

この記事を書いている、、、

僕は多汗症歴35年です。

 

頭と顔面、脇、背中、足の全身多汗症です。汗が嫌で日々四苦八苦してます。

なので、多汗症の皆さんの気持ちが分かります。

そして、多汗症を改善すべく汗博士「五味先生」の著書を読みあさったり、

多汗症のツイッターをフォローして日々情報収集しています。

 



という訳で、中身に入っていきます。

 

 

多汗症を抑える漢方薬はこれ

多汗症抑制が期待できる漢方薬(具体的な漢方薬名)

 

・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

 

この漢方薬がいいと言われています。

 

【効果】
肥満、多汗症、むくみ、関節炎などに用いるもので、体の水分循環を改善し、疲れや痛みをやわらげる効果がある。引用:ウィキペディア

 

漢方を使用した人の体験談

ツイッターでフォローさせていただいたいる

汗かき子@全身多汗症YouTuber@asega_tomaranaiさんも

効果を実感されています。

 

 5さんは

汗以外にも体調の改善を感じています。

 

他に多汗症を抑える漢方薬はないの?

漢方薬

 

その他の漢方薬はこちらです。

 

・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
・十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・桂枝湯(けいしとう)
・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

 

漢方薬は古来中国から日本に伝わり、日本の気候や日本人の体に合わせて発展を遂げた伝統的な薬です。滋養強壮に大きなパワーを持っており、現代でも多用され様々漢方薬があります。

 

風邪のひき初めに服用する葛根湯(かっこんとう)は割と一般的に知られていますね。

 

 

ここで、残念なお知らせ。。

多汗症で悩んでいる方の中に、ワキガの方がいらっしゃると思います。
腋高多汗症(ワキガ)は漢方薬よりは手術療法を適応したほうが有効とされるようです。

 

漢方の相談と購入方法

医者

漢方は皮膚科などの病院クリニックや漢方専門店に相談したほうがいいです。

症状や悩みの原因を診断して自分の体質に合った漢方を処方してくれるからです。

漢方は局所的な効果というよりは総合的に身体のいろいろな症状を解消したり和らげたりする効果があります。漢方薬によって飲んで2~3日で効果を実感できるものもあれば、長期的には4~5か月飲み続けることで効果が出る漢方薬があります。個人差があるので、だからこそ専門家に相談して自分に合った漢方を処方してもらいましょう。

初処方後は通販(amazon楽天)で購入することをおすすめします。長期的に服用が必要であればお金がかかるので節約したいですよね。

 

とはいえ、

漢方薬は効き目がないだったり、局所部分的に改善したい方は

手術や精神療法の手段があるので病院に相談することをおすすめします。

 

多汗症を抑える漢方とセットでやるべきこと

漢方薬とセットでやっておくと多汗症抑制が期待される方法【すぐできます!】

食事で効果促進

大豆製品:納豆や豆腐。大豆に含まれるイソフラボン自律神経を整えてくれます。

乳製品:ヨーグルト。ヨーグルトに含まれる成分が整腸剤の役割をしてお腹を整えます。

海藻:特にメカブ。メカブに含まれる成分が整腸剤の役割をしてお腹を整えます。

食事の最初によく噛んで食べるといいです。ヌルヌルが胃で膨らみ満腹感がでて過食防止でダイエットにも効果が期待できます。

私はこの3つを毎朝食事に取り入れてます。

 

スーパーでもコンビニでも売っているので簡単に始めれますし、コスパがいいのでお財布にも優しいのは嬉しいですね。

 

お風呂で汗腺トレーニング

エクリン線と呼ばれる汗腺が多い

「手と足」

を熱湯で15分程度つけて発汗を促します。

発汗後は冷水やエアコンで急激に冷やすことはせずに、自然風やうちわの自然のパワーで徐々に体を冷やすことをおすすめします。

これを週に2~3回続けることで自律神経が整えられサラッとした良い汗がでるようになります。

深呼吸(ちょっと工夫します)

超簡単な呼吸法をマスターすることで、発汗を抑えることができます。

呼吸によって自律神経系が調整され臓器の働きを良好にコントロールできるからです。

自律神経を調整できるのは呼吸だけなんです。精神のリラックス効果もありストレス解消にもなり効果倍増です。

その方法は超簡単です。すぐできます。

  • 吐く
  • 吸う
  • 止める

この3つだけです。具体的には、、、

  • 口から吐く・・・お腹を引っ込めて古い空気を口から絞り出してください。
  • 鼻から吸う・・・  お腹はリラックスして鼻から肺の空気を満タンにしてください。
  • 止める・・・  空気満タンにしたら息を止めてください。

ポイントは吐くで古い空気を吐ききって吸うで新鮮な空気をたっぷり吸ってください。

・時間の目安:「吐く:2 吸う:1 止める:4」=「吐く:4秒 吸う:2秒 止める:8秒」

最初は吐く吸うだけでもOKです。あぐらや仰向けで10分程の少ない時間から始め徐々に時間を増やしていってください。30分できればベストです。

mi(みー)



以上、漢方薬とセットで継続することで、効果促進が期待できます。