ワキガ

【うつ病】ワキガコンプレックスの悩みは第三者に相談して精神的解消を

相談窓口

恋人、友人、会社の人から臭うと言われた。。

周りはニオイがしないのに何で自分だけ。。

女性でワキガの私、彼氏にどう思われてるか。。

ワキガがコンプレックスで精神不安定になっている。。

 

自己否定

対人恐怖

外出恐怖症

現実逃避

 

ワキガ 悩む

 

ワキガの方、こんな悩みを持っていませんか?

 

毎日体と心のケアで大変な苦労をされているかと思います。

家族や友人に相談したくても簡単にはできないですよね。

 

この記事はワキガの相談ができず独り悩んでいる方に向けて書きました。

 

 

この記事を読むことで、、

 

  • あなた以外のワキガの人、世の中のワキガの現状が知れるので、

    ワキガは自分独りではないということが分かります。

  • 第三者に電話やチャットで相談できる機関があるので

    ワキガコンプレックスが和らぎます

とはいえ、現状知ったり相談で和らぐだけでは物足りない方には病院に相談がベスト。

病院への相談については、最後の方ににリンクを貼ってますのでチェックしてみてください。

 

私は極度の全身多汗症で30年以上汗っかき体質と付き合っています。

改善解消すべく多汗やニオイの知識を本やネットでインプットして、このブログを発信源としてアウトプットしています。

これまで、汗が原因のニオイは不要で邪魔な存在でしたが、勉強していくうちに、そもそも汗は体の構造上必要なモノと気づき多汗症に対する見方が変わりました。

なので今は前向きに汗と付き合っています。

 

それでは本題に入っていきます。

日本と他国のワキガ体質の割合

下記のデータ根拠があります。

日本人10%、黒人100%がワキガというデータ

世界の輪

日本人は比較的、わきが体質の人の割合が少なく10%程度なのに対し欧米人では約80%だと言われています。そのためか、欧米では体臭があって当たり前で、気にする人はあまりいないようです。われわれ日本人はにおいに敏感で体臭を嫌い、わきが=悪臭としてとらえるため、日常生活に支障が生じることもあり…

引用:ヘシキ形成外科クリニックより わきがについて

 

 

日本人は10%ですが、欧米は80%、黒人はほぼ100%がワキガ体質で日本人とは比較にならない数です。

アメリカの小学校ではデオドラント教育があります。なぜなら、上記の割合からほとんどの人がワキガ体質なのでケアが必要だからです。

日本の教育でデオドラント・ニオイケアの授業はないですよね。

彼らは毎日の歯磨きと同じ感覚で毎日のルーティンでニオイ(体臭)ケアをしています。

また、彼らにとって香水をつけて体臭を覆い被せることは当たり前のことなのです。

 

脇汗ニオイ
多汗症で脇汗がすごいし臭い気になる【ワキガセルフチェック4つを解説】「私もしかしたら、ワキガなのかも」でもワキガの自覚はまだないし、認めたくない。病院は行くまでもないし、なんか恥ずかしい。こんな不安・悩みを持っていませんか?本記事では、脇汗の悩みや不安を解決すべく、自分はワキガなのか知りたいって方に解説していきます。...

ワキガで悩むのは自分だけじゃない

前述の通りワキガの人はあなた以外にもいます。

日本人の10%=10人に1人です。

ワキガはコンプレックスだけに、

ワキガと言えない人も含めれば、潜在者はさらに増えると思います。

ワキガで悩む人は真面目思いやりのある人

思いやり

思いやりがあるからこそ精神的に不安定になりがちです

ワキガの人は人に嫌な思いをさせたくない、迷惑かけたくないと思ったり

また、自尊心から嫌われたくないと思ったりとのストレスから

精神不安定になりやすいと言われています。

精神病の可能性が高いです。

ワキガが原因で陥る精神病

自己否定

対人恐怖

外出恐怖

環境恐怖症=温度の変化、人の密集でニオイが出てる迷惑かけてると不安になる。

自臭症=自己臭恐怖症:他人から自分が臭いと思われていると思い込む神経症。

汗敏感症

うつ病

コンプレックスを相談できる組織・団体・人がいます

カウンセリングシート

精神的なケアをしてくれる第三者機関です。

直接会うのは、、という方向けに電話やチャットの対応もしています。

LINE「トークCARE(トークケア)」

専門家に相談

NPO法人 東京メンタルヘルス・スクエア

 悩み相談と心の対話の場所

相談ではなく本気でワキガ治療を考えてる人

前述した病院への相談は下記の記事をチェックしてみてください。

悩む
【ワキガコンプレックス】病院に相談する前に知っておきたい4つ「恋人友人に臭いと言われショックを受けた」「電車など人が密集する場所に行きたくない」ワキガの方こんな悩み辛い思いしていませんか?この記事を読むことで、ワキガ解決の一歩目に入れますよ。相談や治療ができる病院・クリニックを最後に解説していきます。...

 

まとめ

日本人の10%=10人に1人です。

この数字から言えることはワキガは自分だけではないということです。

他の人も同じであれば共存意識から安心しますよね。

自分一人ではない、同じワキガで悩んでいる人がいるってことを知るだけでも気が休まると思います。

悩みの原因は違いますが、私は全身多汗症で30年以上悩んで本気で手術を考えていました。

手術までは金銭的に実現できませんでしたが、少しでも改善したいと考え多汗症やニオイの本を読みあさったりツイッターで情報収集をしています。

情報収集していく中で気づきがありました。

「汗やニオイを悩みの種にするのではなく、向き合おう」と方向転換しました。

そのキッカケは本やツイッターで知った同じ悩みを持つ人たちの存在です。

知ったことで精神的にスッキリし自閉した殻を破ることができました!

 

この記事で読者さんのワキガコンプレックスが和らいだり、行動のキッカケになって1mmでも解消に近づければ嬉しいです!